:::

校園公告

公告主旨 【新聞稿】2022年日本京都橘高校國際交流活動
發佈日期 2022 年 10 月 09 日
發佈單位 秘書室
公告類別 最新消息, 國際交流, 綠園紀事
公告等級 重要
點閱次數 4,640
公告內容

【活動主題:2022年日本京都橘高校國際交流】
【活動日期:2022年10月06日 10:00-12:00】
【活動地點:北一女中學珠樓六樓國際會議廳】

 

【活動報導】

    日本京都橘高校為享譽國際的樂隊,和諧響亮的旋律與整齊劃一的舞步風靡全球。有「橘色惡魔」之稱的橘高校常現身於各大慶典,今年,有幸將其邀請至北一女中,與本校歷史悠久的樂儀旗隊進行文化交流,並於國慶盛典為我們帶來聞名已久的行進樂隊表演。此次交流也是北一女中自疫情以來,首次實體接待外校來訪。本次活動由綠衣使節的迎賓揭開序幕,特別的是,橘高校學生們一進入校園,就十分熱情地用中文以及閩南語問好,而北一學生們也面帶笑容地以日文接待,友好又歡樂的氣氛也暗示著接下來的圓滿。

    進入會場,映入眼簾的是北ㄧ女中的限定大禮包,展現我們的禮數和誠意。在開場典禮中,北一女中陳智源校長、京都橘高校梅本裕理事長、文化總會李厚慶秘書長皆以幽默風趣卻又不失真誠的致詞,表達對於台下的學生們日夜辛勤練習、堅持不懈的毅力感到佩服不已;也認為此次交流可以窺見日台多年來的友好關係。橘高校吹奏部的隊長甚至用中文致詞打招呼,令我們又驚又喜。接著除了互贈紀念品以外,綠衣使節們更透過簡報讓來賓更加了解北一女中的特色以及樂儀旗隊,最後,儀隊成員也示範各種刀法與槍法,令台下觀看者們驚呼連連,精彩絕倫。

    接下來是本次交流的重頭戲,兩校的樂儀旗隊互相分享表演的經驗,使節則在一旁協助翻譯。另外,學生們也互贈誠心準備的小禮物,橘高校的學生們和北一女中的學生們分享了充滿日本風格的花紋扇子,北一學生則準備了小吊飾,大家都對收到的禮物愛不釋手。在短短的交流中,學生們臉上掛著大大的笑容、突破語言的隔閡、熱情的交流、建立跨國友誼:可以看見橘高校學生向儀隊學生們學習槍法;本校學生則跳著橘高校最著名、活力四射的舞步,如此情景著實難得一見,是一段將會永存於所有參與者心中的美好回憶。與此同時,使節更為橘高校的隨行師長導覽校史室,導覽中介紹了北一女中在日治時期及樂儀旗隊的歷史,展現了北一女中與橘高校之間特殊的連結,師長們都感到十分新奇且認真地投入於導覽之中,最後則以幾張極具紀念意義的校史室合照,結束本次導覽。

    時光匆匆,交流活動來到尾聲。這次獨一無二的交流,不僅是綠衣使節盼望已久的實體接待,更是樂儀旗隊終身難忘的經驗。相信經過半天的相處,一睹對方風采,彼此都印象深刻,並且結下不解之緣。期許未來能有更多機會與橘高校交流,讓美妙的樂聲不絕於耳。

圖1 儀隊和綠衣使節迎接來賓

圖2 雙方校長互贈禮品

圖3 橘高校吹奏部隊長致詞 圖4 綠衣使節日文組簡報介紹樂儀旗隊

▲ 圖5 與橘高校師長進行校史室導覽

圖6 北一女中儀隊表演

圖7 兩校學生交流環節

圖8 兩校學生交流環節

圖8 兩校學生大合照

 


【Topic: 2022 Exchange with Kyoto Tachibana High School】

【Date: Oct 6th, 2022, 10:00~12:00】
【Location: Taipei First Girls High School 6F Conference room】

 

【News Report】

        Tachibana High School in Kyoto, Japan, is an internationally acclaimed band that is popular all over the globe for its harmonious melodies and uniform dance steps. The acclaimed band of Tachibana High School, known as the “orange devil”, is often seen at major celebrations. This year, we had the honor to invite them to Taipei First Girls’ High School (TFG) for a cultural exchange with our marching band, honor guards, and color guards.
        The event started with the student ambassadors’ greetings. The principal from both schools gave a brief speech to celebrate the friendship between Japan and Taiwan. Furthermore, the leader of the acclaimed band addressed the greeting speech in Chinese! We were so surprised and excited about international communication. In addition, we also gave a presentation to let the guests know more about the characteristics of TFG and present souvenirs to each other. After that, the Japanese Department of the student ambassadors introduced the marching bands, the honor guards, and the color guards. With exclamation, the honor guards also demonstrated exhibition drills on the spot.
        It is the highlight of the activity that both schools shared their performance experiences with each other. Although there was a language barrier between us, students from both schools showed big smiles and happiness. We interacted through assistance from translators and body language. With the same interest, we got so many topics to discuss and performance experiences to share. Tachibana High School students even taught us their famous dancing steps. Meanwhile, the student ambassadors gave a tour of the school history room to the accompanying faculty members of Tachibana High School, learning about the the special bonds between TFG and Japan.
        Time flew, and the half-day exchanging event came to a close after taking group photos. This unique exchange was not only a special event for the 11th Student Ambassador, but also an unforgettable memory for the marching band, the honor guards, and the color guards. We believe that after half a day of meeting each other, all the attendees were impressed and formed a memorable connection between the two schools. We hope there will be more opportunities to exchange with Tachibana High School in the future so that the beautiful music can be heard all the time.

【活動主題:2022年京都橘高校交流会】
【活動日期:2022年10月6日 10:00~12:00】
【活動地點:台北第一女子高校学珠6階国際会議室】

 

【活動報導】

    京都橘高校の吹奏楽部は、調和のとれたメロディーと統一されたダンスステップで、世界的に高い評価を得ているバンドです。橘高校の吹奏楽部は、「オレンジの悪魔」と呼ばれ、大きな祭典に幾度も出演しています。今年は台北第一女子高校にお招きし、本校の吹奏楽部、儀仗隊、カラーガードと文化交流を行いました。

    イベントは親善大使の挨拶から始まり、本校の校長と橘高校の理事長から、日本と台湾の友好を祝う挨拶がありました。さらに、橘高校の吹奏楽部部長が中国語であいさつをしてくれました。そして、北一女の特徴をより知ってもらうためのプレゼンテーションや、お互いの記念品の贈呈も行いました。その後、北一女親善大使の日本語部門による、吹奏楽部、儀仗隊、カラーガードの紹介がありました。また、儀仗隊のメンバーはその場でデモンストレーションを披露し、生徒たちからは拍手喝采がわき起こっていました。

    交流会のハイライトは両校がお互いのパフォーマンスを共有できたことです。言葉の壁はありましたが、通訳のサポートやボディランゲージで交流し、両校の生徒たちは満面の笑みで、楽しんでいました。同じ関心を持つ者同士、話題は尽きず、演奏の体験も共有することができました。橘高校の生徒からは、有名な”sing,sing,sing”のダンスステップを教えてもらうこともできました。また、親善大使は同行していた橘高校の先生方に学校の歴史室を案内し、北一女と日本との特別な絆についてスピーチをしました。

    生徒が北一女子高校の生徒に扇子を、北一の生徒が小さなストラップを用意し、お互いにささやかなプレゼントを贈りあいました。短い交流の時間でしたが、学生たちは言葉の壁を乗り越え、熱意を伝え合い、国境を越えた友情を築いていました。

    楽しい時間はあっという間に過ぎ、集合写真を撮って半日の交流会は終了しました。この交流会は、11期親善大使にとって特別なイベントであっただけでなく、吹奏楽部、儀仗隊、カラーガードにとっても忘れられない思い出となりました。今回の交流会で、両校の間には忘れられないつながりができたと思います。橘高校の素晴らしい演奏をまた実際に聞ける機会がありますように、今後も交流が続いていくことを願っています。

相關附件
洽詢資訊